2018年8月26日日曜日

chapter2 rere インプレ



ニュージーランドブランド

chapter2 rere  組みあがりましたねー

乗ってみたインプレを生意気に上から目線で
語ってみたいと思いますw



ルックスは最新のトレンド入れつつサーベロ風ですw

空力にはうるさいサーベロと近いものになるって
ことは正解の1つなんでしょうねー

僕が欲しいと思う要素がすべてあるのがchapter2 rere  
かサーベロでしたもん。

で、コスパいいchapter2 rere  にしました。





フロントの剛性感がめっちゃ高いです。

インテグレーテッドフォークとカーボン強度
のせいですかね、ガチっとした感じあるので

ダウンヒルとか安定感ヤバいですw

フロントからグっと決まって、そのラインを
トレースするかのようにリアがついてきます。

以前乗ってたTCRがポンコツに感じるくらいですw

以前乗ってたスコットのフォイルに近い感じですが
あれよりさらに上の安定感ですね。

ダウンヒルのコーナリングが安定してるということ
は平地なんてレールの上を走ってるような安定感。


ただ、ダンシングするのに少しコツが要りますね。

フロントがつっぱる感じするので、登りはシッティング
で登るのが向いてるみたいです。



BB周りがゴツイのでグっと踏むとギャン!っと
進みますねー

平地の巡行速度は目を見張るモノがあります。

ダウンヒルから勢いにのってから平地に入るときが
chapter2 rere  の光るときかもしれません。

こういうフレームが
欲しかったんですよ!

スプリントは苦手ではないですが平地が
強いですねーこいつは。

スプリントで離されても巡行性能が高いので
いつの間にかパワー使わずに追いつきます。

フレーム重量も重くはないのでロードレース
にクリテリウムに活躍するでしょう。


平地大好き、ダウンヒル大好きって
方にはたまらない1本だと思います。


数か月ごとに期間限定カラーが出るみたいなので
自分好みのカラーが出るまでのんびり待つのも
楽しいですね。






1台ごとに違うカーボンの模様が浮いてるんだそうです。

血管のようで生き物みたいですねw

↓このボトルケージいいですよねー

価格:5,500円
(2018/8/26 08:22時点)
感想(0件)


カーボンで軽量、おまけに付属のパーツを
組み合わせると色んなフレームカラーに
対応したコーデが楽しめます。


走ればいいってもんじゃなく、
眺めて楽しいのもロードバイクの
楽しみのひとつですもんね。


この価格で2セット入ってるのもコスパいいです!

高いカーボンボトルケージとかひとつ1万円とか
しますからw


買おうっと............




今度は長く付き合える1台になりそうです。



ポチ↓



ロードバイクランキング




2018シマノ鈴鹿 オバケ屋敷に泊まる

1日目のレースが終わり、ピエールパイセンが ヌぅっとやってくる。 「今日の宿........ここから40km先の 桑名に確保しておいたので............支払いは僕が しておきました。」 「ありがとう!ピエール!いくら?」 ...