2019年6月18日火曜日

青森研修旅行  濃霧の安全確認


午前4時起床。

午後5時半には寮を出発!

まずは桟橋、そして受付の
準備をしなけらばならない。

GWにこんな早朝から何やってんだろ?

普段死ぬほど働いているのに!

本日は濃霧.............まったく視界が無いw




真面目で働き者の我々は妥協はしない。


誰も見ていないとこでもサボることは無い。




稼働する艇のエンジンのオイル、冷却水、
舵の動き、船体の清掃、給油を行っていく。


全員免許と講習を受け、さらに学んでいる。


自分の知らないことを吸収して成長を実感
できるのは豊かな時間だ。



濃霧のベタ凪の十和田湖.............


とても神秘的でパワーに満ちている。





メカニックきよしがやってきた。


「おー早いのー濃霧だからなー

安全確認ちょっと
見に行こうー!」

「ウッス!」


レスキュー用の船で濃霧の状況を
チェックしに出る。

派手な服装のユータを船首に立たせ
激突防止アイテムにするw

というのはアレで見張りをしてもらう。

前後左右に見張りを立てて
周囲を伺う。





この時間は漁師が戻ってくる可能性のある時間
らしいので少し警戒感高めで走る。


とその時............



「よし!この霧は奥は晴れてるから
オッケー安全確認おしまい!戻るぞ!」



「じゃ、受付に連絡っすね!」


「おおーそうよの!

てかの、ワシの携帯は

バッテリーが死んでる!」


大人のワイはそっと思う。


きよし、それただの

ゴミやで?

ワイが社長と奥さんの電話番号知って
いたので何とかなったw

きよしさん充電!



ベテランたちのガイドと、グーグルで調べた
データを元にお互いが船長とお客さんという
役になって操船とガイドの練習を行う。



ユータはまだ名称や数字を覚えてないので
カンペ見ながらw


僕はイトムカの入り江まで入って、停船して
ガイドしたりする。


船の周囲を気遣いながらしゃべるのは
ムズイ..........ゆっくり後進をかけて慎重に
出る..........やったいけた!


フルツアーを一通りやって、これは
次からは1人でも出来るな!と自信を持つが
実際はアタフタしてるだろうなw



桟橋まで戻って別の仕事してた
チクリンと合流。

カヌーを体験してみたいとのことなので
カヌーインストラクターのユータと
出ることに。


僕は疲れたのでゴール地点の宇樽部キャンプ場へ
先回りして彼らを待つ。


本当に十和田湖はキレイだ。

空気がとても澄んでいる。

カヌー乗り場から影がふたつ........

お、きたなw


プロインストのミックに鍛えられてる
ユータはなかなかの腕前。

スーとやってきたが、マッチョアスリート
チクリンは筋肉のせいか右へ左へwww



なかなかやってこない...........


来たと思ったら岸に乗り上げてるw


パワーでは無くてコツなんですよねー


ボートのツアーもありますが、カヌーのツアーも
面白いのでおススメです★


ポチ↓


ロードバイクランキング



0 件のコメント:

コメントを投稿

venge pro disc 2020 インプレ

広島クリテリウムで木っ端に なったrereの次に選んだ相棒はこいつ! 世界最先端のテクノロジーと考え方で 作られた究極の自転車の1台! ヴェンジプロ ディスク。 そう、ディスク...