2018年12月5日水曜日

伊王島タイムトライアルその6


42kmタイムトライアル

スタート!

試走していないのでコースが


よく分からないが..............
*絶望的



スタートしてすぐのトンネルは

登りか........

2%くらいがしばらく続き、

50km/hくらい出る

下り基調の平坦に。



路面のミューを考えきっちり

白線の上を走る。

走り込んでいるせいかなかなか

フォームはよくなっている。

価格:9,720円
(2018/12/5 09:47時点)
感想(0件)


渡良瀬のときなんて肉離れ治りかけ
でしたからキツイキツイw


しかし起伏での踏み抜けがあるので

平均パワーが落ちる。

「あーくそ!下手やなぁ!

てか試走してないと厳しいやん!」


もう少しヘッドが下がれば完璧に近い。


で、狭い180度ターンw


上げた速度が一気に0近くまで............

いやいやいや!基地外か!


これは!

タイムトライアルでは

無い!

2.1kmを20往復。

42km全力で走りながら100mダッシュ
が20回ある地獄のインターバルや............


おいおいおい............回復の早い若者が
圧倒的に有利なレースやんけw


マジか................




帰りは登り基調の向かい風。

価格:4,860円
(2018/12/5 09:49時点)
感想(0件)



終盤に一瞬4%くらいになる登りがあるか?


42kmもあるレースなのでタレないように
気をつける。

が、平均パワーが280wから上がらない。

海岸の起伏に上手にシフトを合わすことが
できないからだ................

この辺に始めて4か月の初心者を感じる。


30秒後にスタートしているはずの最終走者の
バイクが真横を過ぎていった!

マジかよ!と思いながら観察するために追走。



後ろにつくと反則なので斜めから見る。


下りでアウタートップ
全開だと!

全身を使ってゴリゴリ踏んでいる。

こ、このペースで42km耐えれるのか?

まだ20km以上あるぞ............


走り切ったら化け物だw


それもそのはず、彼は

全日本タイムトライアル10位に
入ったことがあるスぺシャリストで、
26歳の元気モリ太郎だw


日本人10位、アマチュアNO1の
クロノマンである................





「やべぇなあいつw 少し上げるか!」

と思っても難しい。

価格:7,399円
(2018/12/5 09:52時点)
感想(2件)




体は休みたがっているからだ...........

下り260w、登り320wというダメな
走りが続く...........安定して300w出せる
スキルが............というか試走して走ってない
と厳しいコースだ。


後半は優勝者とタイム差が開いていない
感じ(追いつけない)なのだが.............


脚パンパン状態で無くゴール。


タイムトライアルでまだいける!って
状態のゴールはダメなゴールなのです。


42kmで出し切って気絶したら合格。


それがタイムトライアル。


数ある競技の中でも一番過酷とも
言われる所以............






「クソ!これじゃ全然ダメじゃん!悔しい!」

こうして今年のレースはすべておしまい!

価格:52,488円
(2018/12/5 09:53時点)
感想(0件)



優勝で終わりたかったw


3位と10分差をつけてるのに2位..........

1位は俺より2分近く早く圧勝.........怪物か!

全日本レベルだから怪物かw


家族みんなで表彰台に。

賞状だけなので副賞ないのか..........と
少しさみしい感じw


スキルもダメ、パワーも無い.........まだまだ
話にならんですね。


ほんと弱いなぁというのが感想。




鍛え直して来年は..............どうかな?w


午後5時の長崎...............


今から広島まで
帰らないと
いけないのかw

だ、ダルイ!



ポチ↓



ロードバイクランキング






サイクルモード東京その2

羽田に降り立つと ユッキーオから連絡があり、 歌舞伎町で社会見学しましょう!と。 ワッショイワッショイ!と思って たらモノレール乗り場で声を かけられる............... 「あなた..........鹿を車で轢いたでしょ?...