2018年1月9日火曜日

Bora one 35mm tu ac3 2018 インプレ

昨日のフラミンゴ拳法のアクセスが
桁違いに多かったんですが...........面白かった
みたいですねw

指痛いですが.............

今年はロードレースを経験しようと考え、
ロードレースに重きを置きました。
*去年のお話ですw


いくつか出てみて感じたのは、登り置いていかれると
追いつくのに踏むので、追いついてもチギれ死んで
いくだけということ..............


登りで離されない機材がいるなと。

僕の持ってるgokisoは重量があるので急な登りがある
ようなレースには向いていません。

緩斜面は強いんですけどねw


で、選んだホイールがbora one 35mm  tu   ac3



   
価格:233,064円
(2018/1/5 18:02時点)
感想(0件)




選んだ1番の理由は「雨天のブレーキ性能」




オールコンディション3というやつで、ブレーキ面に溝が切って
あります。

リムに斜めの溝を入れて、摩擦力を強化をしています。

      さらに斜め溝が排水溝の役目を兼ねて、水分をリム外へ流し
雨天時の制動力を上げています。

ブレーキシューもtniとかswissstopとか使いましたけど、
カンパのカーボンシューが高いけど一番持ちがいです。


こいつは買いですね↓


ペアで1210gなので、僕のスコットフォイルに組むと
6.85kgでレギュレーションギリギリですw


レース用の機材なのでレース出てナンボですので勝つために
ギリギリのラインを狙うのは当たり前ですよね。


実業団レースでのレギュレーションは6.8kgです。


そして、ワイドリムによる剛性の高さ。

そして「コスパ」。

       ボーラワンは、ボーラウルトラの廉価版ですね。
グレードダウンによる違いは、中心にあるハブがカーボンからアルミになりベアリングがセラミック、ボールのみがセラミックでグリス潤滑変更になっているかの2点のみなんですw


ボーラウルトラと20万くらい違うんじゃ...........


2018のac3でなければたたき売りの様に安く売って
ますしw




そして軽さを持ちながらも空力も良い「リムハイト」。

35mmは自転車がカッコ良く見えますw

カーボン初心者はリムが高いほどええわー!ってなるんですけど、
乗れるようになってくると35mmくらいがいぶし銀やわぁーって
なるんですwww



gokiso 50mm




古いモデルですがよく走ってくれました。

↓最近のはコレですね。

価格:385,700円
(2018/1/5 18:32時点)
感想(0件)


画像のはまだワイドリム化してないゴキソですが、ワイドリムを
一度味わうとこれ以外いらないってくらいの安定感ですw


よく色んなインプレありますが、貧脚とかポタライダーとか
クソどうでもいい冠がついたインプレが多いんで走る目線で
インプレしたいと思いますw

平地マンのは参考になりますねw

というかそういうのが知りたいんですよ!

「勝つための道具」なんですから!

おいおい、エラそうなこと言うけどてめぇのスペックは
なんよ!?


おおう?ってなるでしょうね!


んーと、中年からロードバイク始めて
数年でFTPが300越えて、普通に走ってたら
E1に一発昇格で上がったくらいのレベルだと思って
ください。

強くはないけど、弱くはないくらいです。


↓パワーって何よ!FTPって何よ!って思ったらこれで
調べてくださいw
価格:1,944円
(2018/1/5 18:40時点)
感想(1件)


今回は真面目にインプレしてみましょう。

★加速性(低速) 最高です、リムの軽さもあってか一気に最高速に達するのではないかというくらいの加速性能です。剛性も高いのでパワーのある選手もそうでない選手も満足するかと!
    

  ★加速性(高速)45km/hからも加速していきます、条件が良ければ70くらい出る           ので文句ないですね。


  ★高速巡航性   これはディープリムに比べると劣りますが、40km/hくらいで巡行するの   はそんなに差がないですね、50mmと比べても。45以上、50以上になるとキツく感じます。

 ★登坂性能 抜群ですね、ダンシングをしたときの伸びが最高です。斜度が8%
 くらいだと平地に感じますねw


 ★快適性 選手レベルだと踏むと反応が良く、通常はしなやかといった感じですが
  選択するタイヤでまた違うでしょうね。

 ★制動力 アルミより少し劣る程度で、雨天でも問題ないですね!雨のレースで
  ダウンヒル90km/h近く出てましたが安心してコーナーに突っ込めます。
  ac3以外のboraはいらないですねw

 ★ハンドリング ワイドリムの恩恵は素晴らしいですね、旋回時がびっくりするくらい        
  安定しているし、ダンシングをしたときの挙動がかっちりしてるので気持ち良いで    
  す。

   超軽量タイヤと組み合わせると無敵のロードレースホイールになるんでは
ないでしょうか?

↓色んな人からこれがヤバいと聞いてるのでポチりましたw


ただレギュレーション違反になるくらい軽いので注意が必要ですw




で、僕のボーラワン35は走行400kmのほぼ新品状態で
売られていきました...............


「お、お前!あんだけ絶賛してたやないけぇ!」となりますねw


まぁ、落ち着いてポチっとしましょうや↓





                ロードバイクランキング




アレですわ、自分で書いてるのにレギュレーション違反
ですわw


6.6kgになるんですわ!

がっかりですよ、がっかり侍ですよ!




泣く泣く売りました..............


マジ最高のホイールでした、今までで1番良いと感じました。



いつかディスクブレーキがレースで解禁されたら..............


bora one 35mm  ac3 を使いたいですね!


でもその時はサイクリングおじさんだと思うのでクリンチャーかな!



レースやってる方には少し参考になったかなと思います。


ではではー

2018シマノ鈴鹿 オバケ屋敷に泊まる

1日目のレースが終わり、ピエールパイセンが ヌぅっとやってくる。 「今日の宿........ここから40km先の 桑名に確保しておいたので............支払いは僕が しておきました。」 「ありがとう!ピエール!いくら?」 ...